スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

androidアプリ「事務適性検査」インストール数500越え!

google playに公開しているandroidアプリ「事務適性検査」のインストール数が500を超えました!
次の報告は1000かな?頑張ります!

最近のインストール数を平均すると15ちょっとくらいです。
報告はgoogle playとかで表示されているインストール数100-500とかの範囲が次の範囲に行くときにしようかと考えています。
次の1000までは今のペースだと一か月ちょっとくらいでいるペースなのでインストールのペースを上げたいけど、どうすれば伸びるのか・・・

インストール数:100→500での遷移
合計インストール数:109→503、
有効インストール数:71→316です。
インストールしてまだアンインストールせずに入れてくれている人の割合:約65%→約63%

思ったよりは割合が減ってないかな?基本的には公開してから時間がたつほど割合は減っていくものだと思うので、これだけアンインストールせずに残してくれてるってことは非常にありがたいことです。

最近の記事見ると事務適性検査の音しか書いてないな~と・・・
ver1.3の結構大きな更新で終わった後の脱力感といいますかやりきった感がありまして、ややモチベーションが下がってます。

まだ作りたいミニゲーム的なアプリなどたくさん頭の中に構想だけの物やほんのさわりの部分だけ作って放置しているものがあるのでもう一度モチベーションを上げて頑張りたい・・・いや頑張ります。

もちろん事務適性検査に試験でこういう形式の問題が出たから追加してほしいなどのコメントいただけるとそちらの方の追加もしていこうと思うのでぜひコメントを書いていってください。
もちろんアプリの感想でも書き込んでいただけると泣いて喜びます。

皆様、たくさんインストールしていただいてありがとうございます。
今後も役に立つものや、楽しめるものを作っていこうと思います。
スポンサーサイト

AdMobとappCを触ってみた比較

androidアプリを作って収益を得るにはいくつか方法がありますが、自分が作ったアプリには2種類の広告サービスを使ってみています。

どちらも語るほどの収益をあげてなく、どこかのポイントサイトでもクリックしたほうがましなレベルですが、使ってみた感想を記事にしてみます。

AdMobとappCというものを使ってみました。

AdMobについての感想
・広告をタップしてもらうと収益になります。(1回、謎のクリック0で0.01$の収入がありました)
数回しかタップされたことないですが、収入がタップ1回で0.01$、2回で0.04$、1回で0.16$など
タップされた広告によるのか結構バラバラですね。
・広告表示数まで表示されるのでアプリがどのくらい遊ばれているかなどもなんとなくわかります。
・メジャーなものなのでググれば使い方など丁寧なサイトがいっぱいあります。

appCについての感想
・広告先のマーケットからアプリをインストールしてもらうと収益になります。
1インストールで147円みたいです。
・自分のアプリに自社広告できるので、何個かアプリを作っている人はほかのアプリの広告をすることができる。
今確認してみたら2つ表示にしてるけど1つしか表示されてなかった・・・後で問い合わせてみるか
単純に自分の勘違いでした。アプリがインストールされていると表示されないだけみたい。
勘違いで問い合わせをしてしまい、申し訳ありませんでした。うーん・・・自分で気づいたのはいいんだけど
入ってない状態でも確認したはずなんだけどな~)
・日本の会社なので気兼ねなく日本語で問い合わせできる(対応は比較的早いかな?)
・広告ははアプリアイコンが並んでいたり、ちょっとしたストアみたいな見た目だったりして、見た目的にはプラス要素かな。

総じての感想
AdMobはタップした時点で収益になるけど、1回の利益が少ない。
appCはアプリインストールまで行かないと収益にならないけど、1インストール147円と高額。

AdMobの方は自分の表示数、タップ率などをざっっっくり計算すると100万インストールで月20万弱くらいになるのかな?アプリの広告でまともに収益を上げようとするとよっぽどのアプリを作らないといけないみたい。
間違って広告タップしてしまうようないやらしい位置に広告があるアプリなどもあるけど・・・どうなんだろうね。

組み込むときの作業量、AdMobのほうが若干少ないかな?どちらもそこまでの作業量ではないです。
appCの方は何種類かの広告パターンを選択できるので見た目をアプリに合わせたり、アプリ終了するときに広告を挟んだりできます(←入れているけどうざいだけのような気がしなくもない・・・)

時期的に悪かっただけかもしれませんが、appCの方は埋め込んだ後に、不具合が見つかったのでライブラリを最新のものにしてくださいとか、ドキュメントに抜けがありましたとかあったので、やっぱりAdMobの方が安定性という面では上なのかな?(横画面でちょっと自分のアプリでは広告がでかくなるので問い合わせてる最中だったり)

appCを組み込んでいるアプリ:事務適性検査(ver1.3時点)ざわ・・・たっぷ(ver1.1.2時点)
AdMobを組み込んでいるアプリ:リピートターン(ver1.0時点)
どういう風に表示されるのかやアプリに興味に興味を持っていただいた方は是非インストールしてみてください。
・・・興味がなくてもいいのでお願いしますm(__)m

今のところの広告を組み込んでみての感想でした。
結論:まともな収益を上げるのは大変だね。以上!

androidアプリ「事務適性検査」ver1.3更新話

前回の記事で更新点について書いたけど、それだけでかなりのボリュームになったから具体的な更新点以外についての部分を今回の記事に分けました。

まず今回の更新はパターン追加部分はgoogle playに実際に受けた検査のパターンを報告していただいていたのでそのパターンを実装させていただきました。
報告していただいてありがとうございます。
今後も報告をしていただいた部分はやる気と技術力(笑)と相談してなるべく実装していきたいと考えています。

作ってみてそれぞれのパターンの個人的な感想
文字比較問題(二つの文章を見比べる問題)
解く時間は今までの問題と同じくらいか若干短いくらい。ただ見落とし率が高く意外と間違えやすい。

計算問題(3つの計算を解き答えがどれが同じかを見る)
解く時間は計算する数が多い分若干長い。間違え率は他と同じくらい。

分類問題(単語、数字を手引きによって分類)
解く時間は短い。ミスも少なく難易度やさしめかな?

分類問題(20個の単語リストに5個の単語が何個入るか)
解く時間はかなりかかる。見落とし率も高く解く方法考えないと時間がかなり食われる。20個の単語リストは多い・・・
(もらったコメントの問題を自分なりに解釈して作ってみたけど、この問題はちょっと自信ない。
実際この問題が試験で出たら1問に時間かかりすぎて泣きそうになるかも・・・)

パターン数も増えてきたのでオプションでどのパターンが出るかというものも付けました。
もちろんランダムにもできるので今までのようにやるたびに毎回変わるということもできます。

時間制限をつけて実際の試験のように10分で終了して強制的に結果画面に行くようにすることもできるようにしました。・・・というかこの機能どう考えても、最初からつけておくべき機能だよね。
公務員試験の事務適性検査トレーニングアプリと仮にも名乗ってるのなら・・・

結構今回の更新でアプリ機能は充実したんじゃないかなと自負してます。
もちろんまだつけたい機能を全部つけているわけではないですが、当面これで手を加えるのは様子見かな?

(今の段階ではやる気があるので)コメントでのパターンの報告、出来る方いましたら協力よろしくお願いします。

androidアプリ「事務適性検査」ver1.3に更新しました

androidアプリ「事務適性検査」ver1.3に更新しました。
(google playに更新されるには少し時間がかかるので数時間後には更新できるようになると思います)

今回は結構ガッツリいろいろと変更しています。
なのでバグが怖い・・・もしバグ等を見つけた時は報告していただけるとなるべく対応したいと考えています。

ということで今回の変更点

1、文字比較問題の追加
二つの文章を見比べて何文字違うかというパターンを追加しました。

2、計算問題の追加
3個の計算式を解き、同じ答えになるパターンを見るという問題を追加しました。
(全部の答えが同じなら答えが1、1番目と2番目が同じで3番目が違うなら答えが2になる・・・などのようになります)

3、分類問題の新規追加(2パターン)
3、1
リストや手引きを見てあてはまるかどうかなどを見る問題形式を追加しました。
「10001~20001」、「あ~き」などの文字、数字の範囲がある手引きがあり、
どれに分類されるかを見る問題を追加しました。
3、2
20個の単語リストに5個の単語が何個含まれるかを見る問題形式を追加しました。

4オプション機能の強化
4、1オプションで時間制限が設定できるようにしました。
これで本番のように10分の制限をつけるというようなことが可能になりました。
4、2それぞれの問題パターンを設定できるようにしました。
(文字比較問題なら「XX-YYY-XX」を出すようにする、二つの文章を比較する問題を出すなどで指定できるようになりました)

5、遊び方説明画面の変更
遊び方説明画面ですべての問題形式の例題を見ることができるようになりました。

その他表示周りの微修正、バグ修正です。

結構いじったので、変更点を書くだけで長い・・・
ここまでで長くなりすぎたので今日の夜か明日あたりに変更点についてのいろいろな考えについて記事にしようと思っています。

事務適性検査アプリ1.3verに向けて開発すすめ中・・・2

前回の記事を書いてから1週間、書かない期間が長くなるとそのままフェードアウトしちゃいそうなので現在の進捗を。

一応前の記事で宣言した通りの期間でアップデートできそうかな?
多分今日か、問題が起きても明日までにはアップデートできそうです。

今回の変更点は細かくはアップデートした後に記事にしますが、
大まかに、google playにコメントしていただいたパターンの実装+この機能は欲しいかなって思ってた部分の実装です。(もちろんコメントしていただいた部分を自分なりに解釈+実装に都合のいいように作ったので書いている通りでは若干ないかもですが・・・)
次の更新でようやく最低限のアプリ機能から脱出できたくらいのパターン数になるはず。

どこかで大ハマリするかと内心考えていましたが、思ったより順調に作業は進んでます。

ただ結構大規模な変更+GO☆RI☆O☆SIプログラムのせいでいろいろとバグが怖い;;
作りながらあまりのゴリ押しっぷりに笑いが出るレベルのプログラムを書いてます。

他人からこんなソース渡されて引き継げとか言われたら発狂するレベルですね・・・
きれいなプログラムかける人尊敬します。

公務員試験の事務適性検査を去年、もしくは今年受けられた方いましたら、やる気次第で今回のようにパターンを追加するかもしれませんので、ぜひという要望があればgoogle play、もしくはこちらでもいいのでコメントお願いします。

事務適性検査アプリ次verに向けて開発すすめ中・・・

アプリを趣味で作っている以上、楽しんでもらう、役に立ってもらうということが開発者として何よりうれしいです。

他のアプリのコメントなど見ると機種名すら書かずに「動かない、使えない☆1」みたいなコメントもありますが、
私のアプリはそんなコメントはされたことがなく、アプリに寄せられたコメントや評価を見るとやる気が湧きます。

私のアプリに限らず、アプリに不具合コメントをされる際は最低限「機種名」+「どの箇所でどういう不具合か」をコメントしていただけると開発者も対応できる可能性もあり、ユーザーも両方ハッピーになると思います。

という前振りでタイトルの本題に入ります。
適性検査前にこのアプリをしておけばよかったというありがたいコメントをいただきまして、そのコメントに、検査受けてこういう形式だったよと細かく書いていただいていました。

ということでせっかくコメントいただいたので実装しようと考えています。
追加パターン数としては4パターン。
今のところ全部実装したいと考えていますが、実装の難しさややる気次第で何個か減るかもしれません。
7~10日間くらいを目安に頑張りたいと思いますが、努力目標です。

やる気を継続させるために記事にしてみました。

コメントをくださった方、ありがとうございました。

作製したアプリまとめリスト!

記事がぼちぼち多くなってきたので公開しているアプリをまとめている記事を書いておこうと思います。

今後新しくアプリを公開した時もそれに関する記事も書きつつ、この記事にも追加するという形にしようかなと思います。

それでは、以下が紹介文

1、事務適性検査
公務員試験で行われることもある事務適性検査をトレーニングするためのアプリです。
同じ文字列を見つける文字比較問題、同じ画像を見つける画像比較問題、単純な四則演算をさせる計算問題の
三種類のトレーニングができます。
志望している所に事務適性検査がある公務員を目指している人や、公務員に興味がある学生さんは是非入れてみてください。
もちろんそうでない方も脳トレなどにもなると思いますのでプレイしてみると意外と面白いかも・・・

2、リピートターン
体内時計や時間間隔で遊ぶアプリです。
円が一定スピード左右に伸びる白線上を往復しています。
円が端に行くまでに一回画面タップして、なるべく多く往復するゲームです。
ただし、タップすると残り部分の白線が赤色に変わり、次回以降赤線部分でタップしてもゲームオーバーとなります。
難易度を中級以上にすると円が表示されなくなり体内時計を信じて画面をタップしてください。

3、ざわ・・・たっぷ
画面をタップするとざわ・・・という文字が表示されて、タップすればタップするほど画面がざわざわしてくるアプリです。
過去に作ったざわ・・・ぼたんというアプリ(一応まだ公開しています)を進化させたアプリで、文字が動いたり、ざわ・・・と音が出るようにできるようになりました。
画面いっぱいにざわざわさせて、動かせて音出すと、画面がぐちゃぐちゃ動いて気持ち悪いうえにうるさくなる親切設計です。

2013/6/2追記
4、モリヤステップタップ
ニコニコ動画で【東方】モリヤステップ素材配布劇場【手書き動画】という動画を見て衝動的に作ってしまったアプリ。
画面をタップすると乾・坤・神・歴史・自然の全てを現すモリヤステップを舞うキャラクターが表れる!
キャラクターは東方のキャラクターの霊夢、魔理沙、早苗、諏訪子、神奈子の5パターン。
なぜか自作アプリを初レビューされたのでそちらの記事も紹介。

萌えドロイド様:美しい舞、あの”モリヤステップ”を貴方のAndroidで『モリヤステップタップ』☆タップで増殖!シンプルこそ充実したモリヤステップライフがそこに。

2013/8/16追記
5、ゲシュタルトぬわあ
四つの平仮名から「ぬ」→「わ」→「あ」→「ぬ」→・・・を延々と選び続けてだんだんと平仮名がわからなくなってぬわああああああああああああああああってなってくれたらいいなっていうアプリです。
「みんなでアプリを作ろうプロジェクト」と思い込みで始めたプロジェクト第一弾のアプリです。
アプリのソースコードを公開し、徐々に解説していくプロジェクトです。
開発環境を整えている前提ですが、すぐに動くアプリが作れるので興味がある方は「みんなでアプリを作ろうプロジェクト」カテゴリの記事を見てもらえるとありがたいです。
公開しているプログラムをちゃちゃっと変更してみんなでオリジナルアプリを作ろう!

6、氷水かぶり(ALS)
ひよこちゃんが氷水をかぶるだけのアプリです。ついでにALSアイスバケツチャレンジ(ALS Ice Bucket Challenge)について知ることが出来るアプリです。
氷水かぶるニュースよくわからないけど見るな~という方に是非インストールしていただいて、一応こういうことだったんだ~となってほしいなと思って作っています。


興味があるアプリがあればインストールしていただけると嬉しいです。

androidアプリ「事務適性検査」ver1.2に更新しました

事務適性検査ver1.2にアップデートしました。

ざわ・・・たっぷで広告システムをappCにしてみて、思ったより簡単に入れることができたので、公開してる中でインストール数が一番まともな事務適性検査にも入れてみました。
ただ広告システムを変えるだけのためにアップデートてもらうのもあれだなと思い、機能も充実させてみました。
以下が今回の更新内容です。

1、文字比較問題のパターンが2倍に!(1→2)
2、画像比較問題の画像パターン数が10%増量(10→11)
3、計算問題のパターンが2倍に!(1→2)
4、広告システムをAdMob→appCに変更
その他微調整です。

ということで一つずつ説明します。
文字比較パターンは今まで「XX-YYY-XX」(Xは何らかのアルファベット、Yは数字)だけだったものを
「XXXX-YY-XXXX」というパターンを追加。これは一つ目のパターンをほとんど流用したのであんまり手間はかかってないです。
一つ目のパターンより文字が多い分若干難しいかも。
ないよりましってくらいのアップデートです。

画像パターン追加は一つ一つ丁寧に手作業で作ってるので気まぐれに追加することになると思います。

計算問題は新しく追加したパターンは計算式は1つになりましたが、数字が5個になっています。
(6×3÷2+5-10のような感じです)
掛け算、割り算と引き算、足し算混同しているので計算順序を意識しないといけない部分が加わります。

まだまだ、ふつうのこういうアプリと比べるとパターン数が少ないのは認識しているので(やる気次第で)更新したいとは思っています。

そして問題の広告の変更。
横画面のせいか、アプリのアイコンが並ぶシンプルな形の広告がでかすぎてアピールしすぎなんだけど・・・
なんか勘違いして思い込んでるのかな?画面高さ4分の1以上が広告に・・・
いくつか広告の形が選べてその形だけちょっと異常な大きさになる。

画面がガッツリ空いてるトップ画面とオプション画面だけその広告にしてみて、ほかの画面はほかの形の広告を入れさせてもらいました。
問い合わせてみているので何かしら改善ができるのであればまたアップデートしなおします。

あとはざわ・・・たっぷの時にも言ったアプリ終了時の広告も入れてみました。
イラっと来るかもしれないですがご了承願いますm(__)m

やりたいこととやる気の差が激しい・・・

いろいろやりたいことはあるんだけど、それと実際に行動している内容が比例してない・・・

アプリ開発関連だけでも
1、プログラミングの勉強
そもそも知識不足で雑なつくり方してるから改めて勉強したほうがいいと思ってるんだけどね・・・
2、新しいアプリ開発
がっつりやれば数日、長く見積もっても1週間くらいで作れる程度のネタはあるんだけどなかなか・・・
気が向き次第、作って公開したいとは思います。
3、アプリのアップデート
すでに公開しているアプリに追加したりしたい機能が結構あるんだよね。
そもそも、最低限遊べる程度の機能を実装した時点で公開してるからね・・・

気づいたらニコ動とかで時間使ったりしてるんだよね;;

愚痴っぽく恥さらし記事書いて自分の戒めにしてみようとしてみました。
訪問者数0~3だったのが昨日はなんと6!ありがとうございます。
少しずつでもいいから増えてくれるといいな~。
そしてついでにandroid端末持っている方は
kaiemon2011 作成のアプリにあるのをインストールしてくれるとうれしいな。

androidアプリ「ざわ・・・たっぷ」ver1.1.2にまたまたまた更新しました。

またまたまたざわ・・・たっぷを更新しました。

まだ公開して日が浅いアプリなので入れてる人はごくわずかなのですが、その方たちにお詫び申し上げます。
何回もアップデートさせてすみませんでした。

appCという広告システムを組みこんでいるんだけど、マーケットのアプリインストール画面に飛ばさないといけないところを、キャンペーンサイトに飛んでしまうっていうバグがあったみたいです。

ライブラリ最新の物にするだけでよかったので工数はほとんどかかりませんでした。

むしろアプリの作り方がへたくそすぎて、広告から帰ってくるときの画面の再描画に時間がかかる時があるみたい・・・
SurfaceViewというものが悪さをしてるみたいなんだけど根本的な解決方法がわからない・・・
付け焼刃的なものを付け足してみたけど、効果があるのかないのか(的外れな処理をやってる可能性大)

気が向いたときに対処します・・・(それまでは放置!)

androidアプリ「ざわ・・・たっぷ」ver1.1.1に更新しました。

今日ざわ・・・たっぷを少し触ってみると、アプリ終了時に出る広告が終了ボタンを押してもボタンがへこむだけで終了しない時がある(というかほとんどの状況で終了しなかった・・・)

ver1.1.1では正しく終了する・・・はずです。
短い期間に何回も更新してすみません・・・

ということで少しバグの検証をしてみました。
以下は考察なので興味がある方以外は流すか、最後のオチだけどうぞ。

バグ内容
アプリ終了ボタンがへこむが、アプリが終了しない。
ボタンを押した時点で、本体の戻るボタンが動作するようになり、戻るボタンを押すとアプリ終了できる。
へこんだ状態で×ボタンで広告を消してからもう一度戻るボタンを押すと広告が出ずにアプリ終了ができる。

バグの発生条件
アプリ起動一回目は大丈夫。二回目以降発生する。
アプリを強制終了させると、次の一回は正しく動く。

ちょっとやってみたこと
どうも調べるとandroidは明示的にアプリを終了させない限りアプリ停止状態らしい。
なのでメモリが不足して解放されるまではプロセスは眠ってて、解放される前にアプリが起動されると再利用されるらしい。
どうもその辺が原因みたいなのでSystem.exitを突っ込んでアプリを終了させてやるとバグが起きなくなった。

オチ
一応バグが発生しなくなったのはいいんだけど、スマートじゃない気がしたので、上の内容を問い合わせてみました。
すぐに返信が来て「マニュアルの記述漏れ」なので新しいマニュアルで確認してくださいとのことでした。
無事解決しました(万が一appCを使っててで同じ状況の方がいらしたら新しいマニュアル(20130405版以降なら大丈夫だと思います)で試してみてください)。
問い合わせて数分後に返信が来るというすごく早い対応でした。ありがとうございました。
開発中は一回一回、アプリ修正しては入れなおして確認だったから、ver1.1の時には見つけられなかった・・・
確認があまかったな~と反省してます。

androidアプリ「ざわ・・・たっぷ」ver1.1に更新しました。

前の記事で少し触れましたが、ざわ・・・たっぷを更新しました。
変更点は
1、アイコンを変更しました。
ざわ…ぼたんも公開している以上、やっぱりアイコンを変えたほうがいいかなってことで適当にアイコン作ってこのタイミングで変えました。

2、「ざわ・・・」文字の縦スクロール、横スクロールの動きを微修正しました。文字の長さや大きさを考えてない動作にしてたからたとえば左に流れるときに文字が隠れてから右から出るんじゃなくて、ざわのざの左部分が端に来た時点で消えて右から出てたりしてました。
微妙な部分かもしれませんが、やっぱりこういう部分はなんか気持ち悪いよね。

3、画面上に「ざわ・・・たっぷ」って表示されるだけのタイトルバーを消しました。ver1.0公開した後に消し忘れてた・・・って気づきました・・・

4、ざわ・・・っていう声のパターンを増やしてざわざわ感をアップさせました。(もともとSofTalkにある声のバリエーションを使っただけです)

5、今回のメイン、広告周りの変更です。
AdMobというシステムからappCというシステムに変えてみました。
開発側としての視点ではまた日を改めて書きたいと思ってます。
ユーザーさんからの視点では、広告スペースに一つの広告っていう形から複数アプリのアイコンが並ぶようになったってこととゲーム終了時に広告画面が出てアプリ終了するか、おすすめアプリ(アプリ紹介サイト)に行くかっていう画面を追加したことです。
正直この画面って、自分の使ったことのあるアプリで体験したことあるけど自分はめんどくさいって感じたんだよね・・・
それを自分のアプリにつけるのかって突っ込みがあるかもだけど、ほかの人はどう感じるんだろ・・・

ざわ・・・たっぷに新しい広告(appC)を入れてみようかな

初めてざわ…ぼたんを公開した時に、予想以上にインストール数が伸びたのもびっくりしたけど、英語でメールが来たのもびっくりしてどうしたらいいかドキドキしたことがある…

ざっとしか読まなかったけど、アプリ紹介サイトやってるけど君のアプリ載せていい?インストール数が伸びると思うよみたいな内容だったかな?
マーケットに登録するときってどんな感じだろって試しで登録したアプリだったので何も返信しなかったけど…

と、まあ大体2年前のでき事を懐かしんだのは、ざわ・・・たっぷにそういうものが届いたからです。
日本の会社で日本語で来たのはありがたいです。

それでかなり噛み砕いて要約するとアプリ紹介サイトで紹介する条件としてappCっていう広告システムをアプリに組み込んでねってことらしいです。

なんで導入しようかなって思ったかというと、
1、ざわ・・・たっぷってネタとして入れやすいと思うんだよね。ちょっと目に入ると意外と入れてくれるんじゃないかっていう希望。
2、appC組み込んでない自分の他のアプリも広告に入れられるみたい。(インストール数が息をしてないリピートターンにわずかな希望を与えたい)
3、もともと入れてたアプリにこの広告が使われてた。根拠はないけど使ったことのあるものって無駄な安心感があるよね。

今、組み込み方を読んでるところだからアプリ更新するときでもまた記事にすると思います。

アクセス数0・・・

そういえばアクセスカウンター見たらアクセス数0の日があるのね・・・

いや、始めたばかりの弱小ブログなので、誰にも見られない日があるのが驚きじゃなくて、
アクセス数の1~2のうちの1って数字は自分だと思ってたんだよね。
最低1日1回は見てるはずだから・・・

自分はカウントされないのかな?

自分のスマホでgoogle playの自分のアプリのページから直接ブログに飛んでみたこともあるのでそれはカウントされてるだろうけど・・・
(いくつかのアプリを絶賛公開中!)

意外と1~2人来てくれている人がいるんだって逆に思っちゃったので記事にしてみました。

アプリで収入!(AdMobについて)

今回はandroidアプリ開発でどんな感じで収益になるのかについて記事にしてみます。

なぜ今日この記事を書くことになったかというと・・・
昨日、事務適性検査をインストールしている人が、初めて(おそらく誤って)広告をクリックしてくれた記念すべき日なのです。

アプリで収入を得るにはいくつかの方法があります。
有料アプリにする、アプリ内に広告を入れる、アプリ内課金(アプリの中で有料アイテムを買う)などがあります。

私がgoogle playで公開させてもらってるアプリは、アプリ内に広告を入れるという方法を使っていて、AdMobというものを利用させてもらってます。

下の図は事務適性検査アプリのAdMobの管理画面のキャプチャです。
admob_image1

グラフは広告依頼数を表していてある程度伸びて行っているのがわかります。
(グラフ最後の分が下がってるのは1日分じゃないからですね。)
3月28日にver1.1をリリースして問題が出ているときでも広告を出すように変更させてもらったので、
純粋な増加のみとは言いませんが、アプリを起動している時間が多くなっているということでアプリ製作者として
改めて感謝を言わせてもらいます。ありがとうございます。

広告はクリックされて広告先に行ってもらって初めて開発者側に収益になります。
広告の表示回数が1000弱でやっとクリック1回してもらえたということで、まともな収益を上げるには相当な数の人にかなりの時間遊んでもらわないといけないということですね・・・

私の作ったアプリがいいアプリかどうかは別にして、広告表示のあるいいアプリに出会ったときはぜひ広告クリックしてもらうと開発者も幸せになれて、ユーザーにも恩恵が返って来るんじゃないのかなぁと思うのです。

これ関連はしばらく期間をおいて現状報告として記事にしたいなと思っています。
その時にはいい報告したいな~。

ということで・・・昨日広告をクリックしてくださった方、ありがとうございました!

作製したアプリ紹介(ざわ…たっぷ)

新しくandroidアプリをgoogle playに登録して公開しました!

その名もざわ・・・たっぷ

画面をタップするとざわ・・・という文字が表示される単純なネタアプリです。

前に作った「ざわ・・・ぼたん」なんだけど、そもそもボタンいらないよね、邪魔だよねっていうアプリ名を全否定する更新になったので新しいアプリとして公開することとなりました。
(まぁ、そもそも更新に必要なものがなくなったので更新しようとしてもできないのですが・・・)

ざわ・・・ぼたんではボタンを押すと「ざわ・・・」という文字が出るだけだったのですが、
動き、色、音の三要素が加わりました!

動き・・・静止、上下に流れる、左右に流れる、左右に荒ぶる、浮かび上がって消える、←全部
色・・・白、赤、緑、青、←全部
音・・・無音、タップ時のみ音がでる、タップ時+時間経過(画面がざわざわしてる時ほど回数が多くなります)

いっぱいタップして画面にざわ・・・って文字を大量に出して動きをつけるとなんか余計に画面が気持ち悪いです。
その状態で音も出すようにしてるとうるさいです(ざわざわしてる状態なので当たり前っちゃあ当たり前かな?)

ストレス解消!レッツざわざわライフ!

音が出ない;;(解決;;)

この記事に万が一アプリの音が出ないで困っている方が見に来た方がいた場合のために始めに書いておきます。
きっとおそらくたぶんこの記事は参考になりません。

昨日夜、アプリの音が出ない問題が解決しました!
昨日夜からいろいろやってみたんですよね。

SoundPoolで試してダメで、MediaPlayerで試してみてダメで…
もしかして用意したwavファイルの形式の問題か?とか思いほかの形式のファイル用意してみたり、
ちょっとファイル名が長いから?とか思って短くしてみたり…

落ちがアプリに関係ないとか萎えるわ~
落ち→スマホ本体の音量が0になってた、以上!

こんな凡ミス、初心者でもせんわ~。初心者以下やな…

昨日+今日の1時間返して;;

はぁ~…ほんとに何やってんだろね

前の記事、「音でない;;」をプログラミングってカテゴリで書いたから、解決のほうもプログラミングにしたけど、内容がどう考えてもプログラムじゃない件について。

音が出ない;;

む~…
新しいアプリの開発してるんだけど(といってもすでに公開しているざわ…ぼたんの改造版だけどね。更新という形じゃなく新しいアプリとして公開する予定です)
アプリで音出そうとしてるんだけど…出ない!

プログラムしてるとたまにわけわからんところで詰まるよね。
自分の場合、知識不足がひどいし、思い込みから抜けられない…
SoundPoolもMediaPlayerどっちも試したけど音でない…

単純に音出すだけで詰まるとかどんだけ初心者だよって話だよね;;
というか昔、音出したことあるんだけど…(その時のコードは前のパソコンと一緒にお亡くなりに…)
どうせ1、2行付け足すだけとかで解決なんだろうな~

恥さらし記事を残して今日はふて寝します。
明日には今日の頑張りはなんだったんだってくらいサクサク問題が解決する!(といいなぁ)
プロフィール

kaiemon2011

Author:kaiemon2011
kaiemon2011といいます。
androidアプリを自作してgoogle playにて公開中。

android端末をお持ちの方はアプリをインストールしていただくと泣いて喜びます。

趣味:アプリ開発といえるようになりたいなぁ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。